• FREE HELP(フリーヘルプ)

[熊本地震・支援金]のご報告


おはようございます。

昨日は、兵庫でも夕方に突然のゲリラ豪雨がありました。

いよいよ夏本番の気配ですね。

今日は、4月より店頭にてお願いをさせていただいていた、

熊本地震への支援金のご報告です。

フリーヘルプ各店では、

4月16日に地震が発生した翌日より6月末まで、

支援金の募金箱を設置し、みなさまにご協力をいただいておりました。

みなさまのあたたかいご協力のおかげで、

13,800円の支援金が集まりました。

ご協力いただき、ありがとうございました。

この支援金は、熊本で活動されている

認定NPO法人NEXTEPさん

へ寄付させていただくことになりました。

NEXTEPさんは、小児科医の方が始められた法人さんで、

地震の前からずっと、「子どもたちのサポート環境の充実」をテーマに

障がいや病気を持つ子どもたちの在宅サポート、

不登校の子どもたちの復帰サポートなどをされています。

先日、NEXTEPの理事長である島津さんが

東播磨生活創造センター「かこむ」へ講演へ来られ、初めてお会いしたのですが、

熊本地震の際の、地域の障がい・病気を持つ子どもたちのサポートについて

お話をうかがい、今回の支援先に選ばせていただきました。

以下、理事長の島津さんからのコメントです。

-------------------------------------------------------------------

ご寄付のお申し出を頂きありがとうございます。

当法人では、初期対応としての救援物資を集め、医療関係、福祉関係を中心に 届けました。その後は、障害のある子供たち、不登校や発達障害の子供たちを 中心にサポートしています。 中長期的にこのようなサポートを続けていこうと思っています。 義援金とは少し違ったかたちでの支援になるかと思います。 年に数回は、活動報告を送らせて頂きます。

-------------------------------------------------------------------

地震直後の初期対応はいったん落ち着いたとしても、

地震で大きなショックを受けた子どもたちの心身のサポート、

物理的な環境面の復興サポートは、

これから本格的に始まるのだと思います。

島津さんの思いに共感し、みなさまからお預かりした支援金を

役立てていただくことにしました。

島津さんからの活動レポートは、こちらでもご報告させていただきたいと思います。

ご協力いただき、本当にありがとうございました!

***************

個人的に、数年前に阿蘇へ旅行したときの写真を引っ張りだしてみました。

とても神秘的で、大好きな場所です。

また近いうちに、ぜひ訪れたいと思います。


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

東加古川店が再オープンします!

みなさまこんにちは。 7月1日から、東加古川店が再オープンいたします。 地元の方が立ち上げた「一般社団法人フリーヘルプ東加古川」が新たに運営いたします。 今まで東加古川店で行なっていた、障がい者の施設外就労支援、 生活困窮者支援(ふらっとホーム東はりま)の事業はそのまま続けていきます。 どんなお店になっていくのか、私たちも楽しみにしています!✨ ぜひ足を運んでくださいね。 営業時間:12時〜17時